学校だより 平成28年度 5月

見直そう!SNS家庭ルール


大島南央小学校校長 福田 洋一

 

 校庭の木々も若葉が出そろい、新緑が目にまぶしい季節となりました。1年生も入学して早3週間。「1年生を迎える会」で、元気いっぱい校歌を歌う姿や「声に出して覚える活動」に意欲的に取り組む様子を目の当たりにし、子どもたちの吸収の早さに感心させられました。と同時に、教育の果たす役割の大きさを改めて感じました。

 さて、インターネットなどの情報通信技術の進展により、スマートフォンや携帯電話・通信機能付きの携帯ゲーム等を持つ子どもが増えてきました。このことに伴い、メールやLINEなどのSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を介した様々な問題、例えば、長時間の利用による学習や健康への影響や不用意な書き込みによるトラブルなど、区内でも多数報告されています。

 このことを受け、本校では、主に高学年による代表委員会と生活指導部が中心となって「SNSハートフル・ルール」という学校ルールを作りました。しかし、使用目的や時間などは、学年やご家庭の状況により一律で はありません。そこで、「SNSハートフル・ルール」を参考に、お子さんの実態やご家庭の状況に合った「SNS家庭ルール」を決めていただきたいと思っています。

 

大島南央小学校
「SNSハートフル・ルール」


◆午後9時以降は使わない。
◆家族でたくさん話をしよう。
◆大切なことは目を見て、直接伝えよう。
◆ルールを守り、正しく使おう。

 

学校だより ルールを決める際は、大人が一方的に押しつけるのではなく、まず、子ども自身に現状を振り返らせ、「どんなルールが必要なのか」を子ども自身に考えさせることが大切です。その上で、 保護者の方が、子どもが決めたルールの不十分なところを付け足したり、修正を加えたりして、より具体的で、実効性のあるルールにしてください。(例:「毎週◯曜日はノー・スマホデー」「部屋には持ち込まない」「ゲームやスマホは1日1時間以内」など) さらに、「ルールを守れなかったときのルール」を予め決めておくことも忘れないでください。

 「SNS家庭ルール」については、作って終わりにすることなく、学校でも振り返りをしっかり行い、その徹底を図っていきます。後日、記入用の印刷物を配付いたしますので、ご協力をお願いいたします。この取組を通して、自分で考え、判断し、行動する力や自分を律する心を育んでいきたいと思います。

更新日:2017年07月24日 15:17:02